注目銘柄

ウィズコロナとアフターコロナで注目が集まる銘柄は?

※2020年5月10日の情報に基づいて記事を書いております。
前々週の記事【必読】セルインメイは日米出遅れ銘柄で生き残れ!
前週の記事アフターコロナの世界に注目が集まる銘柄は?

2020年の2月、3月とコロナショックで暴落したものの、3月末から世界中の多くの株で買い戻しが起きて、各国指数はおおむね最安値から50%程度の回復をしております。

新興市場では、すでにコロナ前の水準まで回復しております。

経済指標は過去最悪の値を出しておりますが、各国の金融政策もあり、株価は大幅なV字回復を示しております。
そろそろ上値が重くなり下落も意識しながらの売買が求められます。

日常生活では、感染者数が順調に減少しており、一部の地域では規制も解除され始めました。
その中で今後はコロナによって大幅に苦しんでいる業界も回復するという期待から、アフターコロナ銘柄に注目が必要です。

アフターコロナの世界の前に、我々に求められるのは、いかにしてコロナと共存するかということです。

そこでウィルズコロナ銘柄に関しても注目していきたいと思います。

投資家おばあ
投資家おばあ

前週と前々週も、アフターコロナとウィズコロナ関連銘柄を上げておりますので、そちらについては引き続き注目していきたいですね。

 

株価の現況

まず最初に、2020年5月10日現在のコロナショック後の日経平均とダウの現状は下の図のようになっております。

日経平均、NYダウともにコロナショック後からは、かなり持ち直してきているね。しかし4月中旬からは方向感のない展開だね
孫
投資家おばあ
投資家おばあ
そうですね。MACDも一時は下降トレンド入りのシグナルを示しそうでしたが、先週に引き続き、どちらに行くかわからないですね。

テクニカル的には日本市場、アメリカ市場ともに、今週に今後の見通しがわかるような相場の動きが起きる可能性があります。

決算シーズンが本格化している中、トレンドが大きく変わる可能性があるので、注意が必要です。

投資家おばあ
投資家おばあ
引き続き、現金を多めに持っておくか、下落に対するヘッジをしておきたいですね。

 

コロナ後の世界で期待される業種は?

今週もアフターコロナ銘柄、ウィズコロナ銘柄について、まとめていきたいと思います。

大手商社株

先週の金曜日に大手商社3社の決算があり、これですべての大手商社の決算が出そろいました。

各社決算の内容と今後の見通し、そして配当に関しての対応に差があるので非常に面白い結果であったと思っております。

証券コード 銘柄名 決算予定日
8058 三菱商事 発表済み
8001 伊藤忠商事 発表済み
8031 三井物産 発表済み
8053 住友商事 発表済み
8002 丸紅 発表済み

2019年度決算の内容は、伊藤忠商事のみ純利益の予想を達成し、他各社は予想を下回る結果となりました。

伊藤忠商事は原油安に対する影響が少ないので、このような結果となっております。
特に紅は今回唯一赤字決算となっており、すでに大きく株価が低下しております。

2020年度決算に関しては、すでに発表済み企業は、前年比で減益という予想になっております。

配当に関しては、三菱商事と伊藤忠は増配住友商事と三井物産は変わらず丸紅は減配を決めております。

各社株価は低迷しておりますので、出尽くしでここからの回復に期待したいです。

託児所、保育園関連

緊急事態宣言による在宅ワークの中で、小さい子供のいる世帯は非常に大変だと思います。
在宅ワークをしながら子供の面倒も見る中で、非常に苦労されているという話をよく聞きます。

今度、緊急事態宣言が段階的に解除される中で託児所、保育園関係に注目していきたいと思います。

証券コード 銘柄名 決算予定日
2749 JPHD 5/13
6065 ライクキッズ 6/9
7084 キッズスマイルHD 5/26

どの銘柄もまだコロナ前の水準には戻ってなく、今が絶好のタイミングかもしれません。

特にキッズスマイルHDは直近IPO銘柄でもあり、公募が2260円でしたので、まだまだ上がる余地は大きく見えますね。

 

半導体関連

半導体関係は今秋特に注目です。
アメリカも半導体関連銘柄は上昇してきており、フィラデルフィア半導体指数(SOX)も回復してきております。

また、5/8にSUMCOの決算がありましたが、コンセンサスを上回る結果だったため、今週の半導体関連銘柄の上昇が期待されます。

半導体関連いくつかありますが、短期目線で期待される低位株を銘柄を上げておきます。

証券コード 銘柄名 決算予定日
3436 SUMCO 決算済み
1376 フェローテック 決算済み

 

マイナンバーカード関連

ここにきて再び注目され始めたマイナンバー関連銘柄。

給付金の請求の際にマイナンバーがあれば、自宅から簡単に申請できます。

今後もこのような非常事態が発生する可能性はあり、マイナンバーカードの保有者が増加すると考えられます。

そのような思惑から再度マイナンバーカード関連銘柄の株価上昇が期待されております。

証券コード 銘柄名 決算予定日
1447 ITbook 5/15
2307 クロスキャット 5/15
8057 内田洋行 6/3
4699 ウチダエスコ 6/3
6070 キャリアリンク 決算済み

 

 

今回紹介した銘柄銘柄は、今後思惑で動き、値動きが大きくなる可能性がありますので、余裕のある投資が重要です。

今後の相場全体の方向感によっては、今回紹介した銘柄も下落する可能性はありますので、引き続き相場の流れには注目していきましょう。

 

-注目銘柄
-, , ,

Copyright© おばあちゃんと孫の投資戦略 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.