原油

【速報】原油市場に何が起きているのか?原油は買い時?

2020年4月20日WTI原油先物が大暴落

2020年4月20日23:00現在原油先物が大暴落しております。緊急ではありますが、なぜ暴落が起きたのか、今後の展望など考察を述べたいと思います。原油先物市場は株式やFXしかやっていない人からすると、かなり特殊な市場ですので、この辺りは落ち着いたときに、纏めていきたいと思います。



投資家おばあ
投資家おばあ

最初に大事なことを言います。原油先物、CFDまたそれに関するETF等は初心者が手を出すものではありません。見てるだけにしてください。

じゃあ初心者の俺には関係ないね~
孫
投資家おばあ
投資家おばあ
いいえ。ちゃんと読んで考えてください。原油市場はすべての金融市場に影響を及ぼします。原油商品を触っていない人もちゃんと理解して、トレードに生かしてください。知っていると知らないだけで今後の戦略が変わってきます。

3月に原油が暴落した理由

2020年3月上旬で原油価格が暴落しました。これはみなさんご存知だと思いますが、コロナによる需要の低迷OPEC+の減産合意失敗によるものです。

その後3月下旬にWTI原油価格は20ドル台前半まで落ち込みました。そこで慌て、OPEC+とアメリカの間で減産に関する話し合いが行われ(紆余曲折ありましたが)、歴史的な減産合意がなされました。

 

投資家おばあ
投資家おばあ
この減産合意のタイミングで、原油市場はすぐには反応しませんでした。
SNS、YouTuberからは多くの原油買いあおりもみられたため、コロナを機に投資を始めた人も含め多くの人が、買いに入ってしまいました。
ばあちゃんは、3月末からSNS等で原油に関する警告をしてたけど、買いあおりがひどかったね。。
孫

歴史的な減産合意でしたが、結局コロナによる需要の低迷がそれを遥かに上回っており、テキサスで原油の在庫はどんどん溜まっていき、原油は引き続き下落しました。

2020年4月20日に大暴落

そして2020年4月20日23:00現在、WTI原油価格が11ドル台となり前日比35%以上の下落を記録しました。

この下落の原因は、過剰な在庫量とともに4月限月先物の決算日(4月21日)も関わってきております。4月限月から5月限月にロールオーバーする際には、現在のような超コンタンゴ状態では、高額の調整金を支払うことになるため、それを避けるために多くの人が決算日前に売り始めたと考えられます。
この辺りについて詳しくは ”原油 コンタンゴ”で検索して、ほかの方のブログを参考にして頂けたらと思います。落ち着いたら私のほうでも説明ブログ書きたいと思います。

今後の展望と戦略

今後原油価格は、21日の決算日前後や何か新しい情報があれば急騰する可能性はありますが、コロナによる需要回復が見込まれるまでは現状では上がりづらいと思います。上がっても低油価で長期間低迷する可能性もあるかもしれません。

このような状況でコンタンゴ状態の原油に投資するうま味は少ないかもしれません。原油投資に関してはまた詳しくブログで説明します。

 

ばあちゃん的には原油投資はお勧めできないってことだね、、今後の戦略は何かあるかな?
孫
投資家おばあ
投資家おばあ
どうしても原油が気になる人は、日本やアメリカの原油に影響する銘柄を探したらいいと思います。特に航空業界は、今は低迷しておりますが、コロナを乗り越えたら、原油安はチャンスです。
また、まだ出遅れている個別銘柄もたくさんありますよ。

出遅れ個別銘柄については近日中にお伝えできたらと思います。

速報ですので、誤植等があるかもしれませんので、あくまで自己責任でお願いいたします。



-原油
-, ,

Copyright© おばあちゃんと孫の投資戦略 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.