原油

【続報4/21】原油市場に何が起きているのか?株式市場への影響は?

2020年4月20日5月限月WTI先物まさかのマイナス、、、

2020年4月20日史上初の原油先物マイナスを記録しました。
昨日の暴落に関しては、昨日リアルタイムで考察を記録しましたので、まだご覧になっていない方は以下のリンク先を参考にして下さい。
こちら

投資家おばあ
投資家おばあ

昨日の暴落は私もびっくりでした。長いこと生きていましたが、原油がマイナスの値になったのは初めて見ました。。

ついに原油が水よりも安くなってしまったね、、
孫
投資家おばあ
投資家おばあ
よく原油を水と比較する人がいますが、ミネラルウォーターはもともと1バレル74ドルくらいしますので元々かなり高価です。
そ、そうなんだ、水も大事にしないとね、、
孫

実際にマイナス圏になったのは21日が期限日の5月限月のWTI原油先物であって、原油価格はいま6月限月のものが反映されておりプラスに戻っております。また、20日に暴落したものはあくまでアメリカのWTI原油先物であって、北海ブレント原油等は比較的小さな下落で済んでおりました。

ご存知の方も多いと思いますが、原油は地域ごとに成分の特性等が違い、値段も変わっております。現在、世界中での取引量が多い原油はWTI原油北海ブレント原油となっております。

 

4月21日原油続落、、、今後の戦略は?

2020年3月21日23:00現在、6月限月のWTI原油先物は14ドル台、ブレントは19ドル台となっており大幅続落となっております。特に在庫量に関して北米ほど大きな増加が報道されていなかったブレントまでついに20ドルを割れこんでしまいました。

今後原油価格は、追加減産などか新しい情報があれば急騰する可能性はありますが、コロナによる需要回復が見込まれるまでは現状では上がりづらいと思います。上がっても低油価で長期間低迷する可能性もあるかもしれません。

このような状況でコンタンゴ状態の原油に投資するうま味は少ないかもしれません。原油投資に関してはまた詳しくブログで説明します。

今日も引き続き原油が暴落しているね、、今後の投資戦略は何かあるかな?
孫
投資家おばあ
投資家おばあ
昨日よりもさらに状況が悪化しております。特に株式市場への影響もかなり出てくることが予想されます。おばあちゃんの分析だと6つの暴落のシグナルが確認できました。3月に原油価格の下落で株価が急落しましたが、その時の状況と非常に似ています。
  1. 主な株式指数のMACDと移動平均線から見れる下落シグナル
  2. MACDからわかるVIX指数の上昇シグナル
  3. 多くの種類の原油先物の下落
  4. 底値からの短期間での大幅回復
  5. ゴールドの反落
  6. ドルインデックスの上昇

私がしているテクニカル分析についてはまたブログで説明しようと思いますが、これら6つの観点から短期的に世界の株式市場が下落する可能性が高いと考えられます。

戦略としては、おばあちゃんはひとまず長期保有の銘柄以外は利確をしております。今は非常に難しい状況ですので、取りやすい相場の時に再度買いに行こうと思います。
また、ヘッジのために少額ですがインバース指数に連動するETFを買いました。

今回の下落が短期的か中期的(2番底を目指す下落)かはわかりませんが、一つのトレンド転換と思っております。

 

 

-原油
-, ,

Copyright© おばあちゃんと孫の投資戦略 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.