注目銘柄

【必読】セルインメイは日米出遅れ銘柄で生き残れ!

※4月26日の株式相場の情報に基づき、投稿しております。

2020年の2月、3月とコロナショックで暴落したものの、3月末から世界中の多くの株で買い戻しが起きて、各国指数はおおむね最安値から50%程度の回復をしております。4月中旬からは方向感のない展開が続いております。そして日本ではゴールデンウイークがあることから、ゴールデンウイーク明けから大幅にトレンド転換が起こる可能性があります。ここまでの相場の振り返りと今後の期待のジャンルに関して、あの考察をしていきたいと思います。

投資家おばあ
投資家おばあ

結論から申し上げますと、おばあは原油関連会社・航空会社・旅行会社に注目してセルインメイを乗り越えるつもりです!!

 

株価の現況

まず初めに、2020年4月24日現在のコロナショック後の日経平均とダウの現状は下の図のようになっております。

日経平均、NYダウともにコロナショック後からは、かなり持ち直してきているね。しかし4月中旬からは方向感のない展開だね
孫
投資家おばあ
投資家おばあ
そうですね。MACDも一時は下降トレンド入りのシグナルを示しそうでしたが、現在はどちらに行くかわからないですね。

テクニカル的には日本市場、アメリカ市場ともに1~2週間以内に今後の見通しがわかるような相場の動きが起きる可能性が非常にたかいです。日本市場はゴールデンウイーク中は休場のため、ゴールデンウイーク明けにギャップで始まる可能性が高いので、持ち越しポジションに関しては注意が必要です。

ゴールデンウィークの市場日程に関してはこちらを参考にして下さい。

投資家おばあ
投資家おばあ
私はゴールデンウイーク前に日本株は手仕舞い、米株のみで勝負するつもりです。

 

コロナショックの後に上昇した業種

さてコロナショック後どのような業種が上昇してきたのでしょうか。特に大きな上昇がみられたのは電気・ガス、食料品、小売り、精密機械、陸運、情報・通信、医療品です。また、IPO関連も今年はコロナショックと上場が重なってしまい、多くの銘柄で2月、3月中の下落がみられましたが、4月に入り大きく上昇した銘柄が数多く出てきました。

投資家おばあ
投資家おばあ
私もIPO銘柄のトレードでかなり利益をとることができました。しかしながら、ここから決算シーズンですの決算次第ではIPO銘柄は大幅下落の可能性もありますから要注意です。

セルインメイ期待の株

ヨーロッパ、アメリカではコロナの終息の兆しが見られはじめ、経済の再開も予定されております。その中で今後期待されるのは出遅れ銘柄になると思います。上でも言いましたが、5月からの新たなトレンドの相場で期待するのは、原油関連会社・航空会社・旅行会社と考えております。

原油関係銘柄

コロナショックで最も大きな被害を受けた産業の一つである原油関係銘柄。特に多くの都市で外出禁止令ががされている中、石油の需要というのは急激に低下していきました。一時は減産合意がされたものの、原油の在庫量が高まる中で5月限のWTI原油先物は史上初のマイナス圏になりました。こちらについてはリアルタイムでブログを更新しておりましたので是非参考にしてください。

【速報】原油市場に何が起きているのか?原油は買い時?
【続報4/21】原油市場に何が起きているのか?株式市場への影響は?

さて、経済活動の再開が見込まれる中で今後の油価格の上昇が見込まれれますが、原油先物、CFD、ETFは長期投資にはお勧めいたしません。詳しいことは上のリンク先もしくは、ほかの方のブログも参考に調べて頂けたらと思います。

そこで原油関係でおばあちゃんがお勧めするのは、日米の個別株です。特にアメリカの株をお勧めします。オイルメジャーと呼ばれる会社や裏のオイルメジャーと呼ばれる、あの会社がお勧めです。かなり出遅れている銘柄もありますので、今からでも数倍になる可能性があります。

具体的な銘柄については以下のリンク先を参考にして下さい。
まだ原油買ってるの!?アメリカの原油関係の個別銘柄でしょ。パート1
まだ原油買ってるの!?君は影のオイルメジャーを知ってるか?

航空会社

次は、こちらもコロナ後に上昇の期待されている航空会社の株をお勧めします。特にこちらもアメリカの航空会社がかなり低価格になっておりますので、今後上昇の期待が見込まれます。

ただし、まだ不確定要素もあります。一足先に中国がコロナの終息を迎えておりますが、なかなか飛行機の利用が進んでいないといわれております。飛行機の需要が、コロナ前同様の水準になるにはまだまだ時間がかかるかもしれません。

具体的な銘柄名は近日中にまとめる予定ですのでしばらくお待ちください。

旅行関係

次もコロナの終息を待ち望んでいる旅行関係銘柄。こちらも大幅に下落をしたまま、まだ上昇に転じられておりません。一転上昇に動き出したら、数倍に株価が鳴る可能性も十分にあります。

具体的な銘柄名は近日中にまとめる予定ですのでしばらくお待ちください。

 

いくつか出遅れのジャンルを紹介いたしましたが、世界のコロナが終息に向かったらという前提であります。今後コロナの感染者がさらに増えるということがあれば、これらの銘柄は大幅に下落する可能性もあります。株価を購入する場合は、下落時に買い増す事ができるように余裕のある投資をお勧めしております。また、巷ではまだ2番底論について議論されている状況ですので、日々の株価の動向を注視していく必要はあります。

 

-注目銘柄
-, , ,

Copyright© おばあちゃんと孫の投資戦略 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.